toi toi toi おしゃべりカフェ

2月3日節分の日、今回で第4回目となるtoi toi toiのおしゃべりカフェがありました。

今回のテーマは「 議員のトリセツ 」
「 トリセツ 」は「取り扱い説明書」の略語です。

議員ってどんなことをしているのか、私たちの暮らしとどんなつながりがあるのかということを中心にゲストの梅村さえこさん、そして新座市議の辻みきさんにお話してもらいました。

梅村さえこさんは、衆議院議員を経験され今年の参議院候補でもある方です。
この日はご自身の議員になられたきっかけなどを含めとても分かりやすくお話してくださいました。
自分の原点は「身近な人を幸せにしたい」という気持ちが出発点になっているというお話が印象的でした。
もともと議員になる気は全くなかったそうですが、障害を抱えた弟さんが社会の中に入っていけず苦しんでいる様をなんとかしたいと思ったこと、自分自身が子育てをしていて保育サービスの改善を求める運動などをしている内に自然とその道に入っていったと語っていました。

新座市議の辻みきさんは「道に電灯を設置する」ということ一つをとっても、
道に電灯を設置して欲しいひと、設置して欲しくない人それぞれの立場により要求は変わってくること、政治の場ではその折り合いをつけるのが難しいというお話をしてくださいました。

今回16名の参加者があり、20代の若者から年配の方、LGBTの方も含め多種多様な方がおしゃべりカフェに参加してくれました。
参加者の方々にも意見・感想・質問など出してもらい、それぞれ自由に発言してもらいました。

「政治のニュースは、何を聞いたらいいのかいつも困惑する。自分の中には入ってこない。」
「これからの長い人生、自分のことだけを考えて生きるのはもったいないと思った」
「今時の若者は選挙にも行かないし、政治にも関心がないと言われるが、目の前の生活のことで精一杯で、政治に興味をふりむけるだけのエネルギーがない」
という意見。

「身近な問題や、日々の生活の中でつまずいていることを自分以外の誰かと話し合ったり、解決していくことそのものが政治なのではないか」
「地域の問題を取りあげる運動をしているが、会社の人に知られたら仕事に影響するかもしれないなどの不安がある。そういう雰囲気を感じてしまう自分・この国についてどうなんだろうと思う」

などいろいろな意見・感想が出されました。
普段みんながどんなことを考えて生活しているのか、それぞれの生の声を聞き・手作りの美味しいロールケーキを食べながら交流しとても充実した時間でした。

「toi toi toi」って何?と思われた方、興味のある方はtoi toi toi のブログもありますので、見てみてください☆
http://toitoitoi-niiza.hatenablog.com/